自宅で楽しく学習”おうちでフォニックス”

 

自宅学習向けにおすすめの”おうちでフォニックス”

小学校の英語教科化(2020年度より5年生から実施)を受けて、英語学習の早期化が加速している。

子供を英語教室に通わせている保護者からも「週1回1時間の授業だけでは不足を感じる。自宅でもできる英語教材がほしい」という声が上がっており、英語教室の講師、教務担当者からも同様の声をよく聞く。特に生徒となる子供の年齢が低い場合、保護者のサポートが必要になるが、すべての保護者が英語を得意というわけではない。そこでネイティブの発音をたっぷりと聞ける音声付のものに人気が集まる。

音声付というと”CD付”が思い浮かぶが、最近は”話すペン”が付いたものも見かける。また、英語学習を始めた幼児の場合、音とつづりの関連性を学ぶフォニックス教材はどうだろうか?フォニックス学習は近頃定着してきている幼児の英語学習法のひとつだ。

こうした需要に目を付けた、フォニックス学習教材の老舗出版社、(株)mpiは自宅向けフォニックス教材「おうちでフォニックス」をリリースした。

その使用感・感想を5歳の女の子を持つ保護者の方からいただくことができた。実際の貴重な声としてぜひとも参考にしていただきたい。

以下は保護者の方の感想

「あれだけたくさんセットに入っていて(音の出るペン、保護者向けガイド、ポスター、小学生のフォニックス(テキスト)レベル1~レベル4(CDつき)がセットされている)11、000円(税抜き)はお得だと思います。フォニックスを学ぶために必要なテキスト、音声を聞けるCDやペンなど一通りそろっているので小学校に入ってからも長く使えそうです。

まだ子供が小さいので、特にペンを使ってフォニックス・アルファベットを聞いたり、発音を真似してみたりするのが楽しいようで、遊び感覚で繰り返し練習しています。読み聞かせはあまり興味がないうちの子でも、気に入ったアルファベットを口ずさんでみたり、と知識が定着していく様子が親としては嬉しいです。もう少し文字を書くことに慣れてきたら、小学生のフォニックスの方に入っていきたいと思います。」

自宅で”おうちでフォニックス”で楽しんで学習する様子

 

小学生のフォニックスとは同社の人気フォニックステキストのひとつ。

4レベル構成で、レベル1からアルファベット文字をなぞって書く、音を聞いた単語の一部のアルファベットを書くアクティビティが入っている。

なのでこの方のように、お子さんが小さいうちはペンとアルファベットポスターで遊びながら英語の音に親しみ、小学生に入る頃(6歳頃)から書く練習に入っていくというのが常道かもしれない。

「お勉強」というより遊びの要素を多く含んだセットなので無理なく毎日続けることもできるだろう。

ただペンはやや壊れやすそうな材質のため、取り扱いに注意が要りそう、ということだ。

 [商品データ]

音の出るペン付おうちでフォニックス

ISBN:978489643-565-8

音の出るペン 1本

小学生のフォニックス(CD付)1-4

音の出るフォニックスアルファベットポスター(B4) 1枚

価格:11,000円+税

箱サイズ A4 210×297×60mm 重さ950グラム

 

おうちでフォニックス 商品詳細・販売ページへ